遺品の着物はどうする?高額で買取してくれる業者を紹介します♪

遺品 着物 買取

ご家族が亡くなられた後の大仕事といえば遺品整理や大掃除ですよね。特に、一軒家の遺品処分は本当に大変で、専門の業者に頼もうと思ったら遺品処分にも料金がかかってしまいます。

 

そんな遺品整理の中でも、特にどうしようかと悩むの、は故人が身につけていたものです。特に着物などの和服は処分に困っている家庭が目立ちます。
着物は素敵ですが、最近は着る人が少ないですもんね。ご家族や知人に着物を着る人がいないという場合は、そのまま置いておいても誰も袖を通すことはなく、スペースばかりが必要になってしまいます。(;´・ω・)
かと言って捨ててしまうのももったいないですし・・・。

 

それなら、着物や帯などの和服を買い取ってくれる買取専門店で着物の買取査定をしてもらうことをおすすめします。
リサイクルショップやオークションなどで着物を売るよりも「高価で買取をしてもらえた!」という喜びの声も多いんです。重いものを運んだり、捨てたりと大変な思いをして遺品整理をしなくても、出張買取をしてもらえるのでとっても便利ですよ。(*^-^*)

 

でも、初めての場合はどこに頼めばいいのか分からないという人も多いかと思いますので、今回は遺品の着物を高額買取してくれる買取業者の情報を2社まとめてみました。それぞれの特徴を見ながらぜひ査定を検討してみてくださいね。

 

それから、着物を売るときに知っておくと便利な情報も満載なのでお見逃しなく!

遺品の着物を高額買取してくれるおすすめの買取業者とは?

着物を高く売るには専門の買取業者に頼むのが一番です。全国どこからでも無料出張・査定の申し込みが出来るおすすめの買取業者を2つご紹介します。

 

着物・帯の買取専門店【ザ・ゴールド】

ザ・ゴールド
特徴

「着物買取はいつでもMAX査定!」で有名なザ・ゴールドは、全国に79店舗を持つ人気の着物・帯・和装小物の買取専門店です。これまで多数のメディアで取り上げられ、CMも過去10年に渡って放送しているので知名度が高いことでも知られています。

 

気になる着物の取り扱いについては、着物の市場動向に詳しい査定のプロが適正価格で買取をしてくれるので、安心してお任せできます。査定に満足出来なかった場合でも、査定料、出張料、手数料、キャンセル料などは一切かかりません。

 

買取方法も出張買取・店舗買取・宅配買取の3種類から選べるので売りたい着物が沢山あって運べない場合は、出張買取がおすすめです。

 

おすすめのポイント
  • 全国どこでも買取出張可能
  • 買取方法が3種類(出張買取・店舗買取・宅配買取)
  • お客様対応の満足度が高い
  • 女性スタッフも多数在籍

 

>>着物・帯の買取専門店【ザ・ゴールド】公式サイトはコチラ

 

スピード買取.jp

スピード買取.jp
特徴

坂上忍さんを起用、全国どこでも出張無料で「お問い合わせから最短30分で遺品整理が出来る!」と話題のスピード買取.jpは、現金即払いで着物の買取実績も多いと評判です。しかも、他店よりも買取金額が1円でも安い場合は、全品返却というシステムもあるので、しっかりと納得した価格で着物を売って遺品整理を行いたいというご家族におすすめです。

 

おすすめのポイント
  • 申し込み、お問い合わせから最短30分!
  • 即現金化が可能
  • 送料、査定料、出張査定料、入金の振込手数料無料
  • 3種類の買取方法(出張買取・宅配買取・持込買取

 

>>スピード買取.jpの公式サイトはコチラ

 

 

このように、ご紹介した買取業者はどちらもメディアに多数取り上げられていて知名度が高く、買取実績も豊富なので、安心してあなたの家にある着物をお任せできます。売りたい着物の量が多くて運べないという場合は出張買取が便利です。(*^-^*)

 

着物が売れるかどうか心配な人や、これまで他の買取業者やリサイクルショップで査定をしてもらって、安く買い叩かれそうになった経験があるという人もここなら安心です。着物ってどこに売るかで料金が大きく違ってくるんですよね。ぜひもう一度査定を受けてみてくださいね!

 

続いては、着物に関する疑問を解決していきましょう。
どんな着物が高く売れるのか、どんな状態であれば買取をしてもらえるのか事前に知識があるのとないのとでは大違いです。保管状態も着物の価値に大きく差が出るポイントなので、間違って大事な物を捨ててしまわないように確認しておいてくださいね。(^^;)

 

遺品整理で出てきた着物はどんな物が高く売れるの?

そもそも、着物の価値が分からないとどんな物が高く売れるのかが分かりませんよね。実は高く売れる着物には特徴があるんです。ここではそういった特徴を5つご紹介します。

 

未使用で状態がいい着物

自宅で保管していただけの状態がいい着物があれば、使用感がある着物よりも高価で買取をしてもらえる可能性が高いです。仕付糸がついていて、たとう紙(白い紙)の中に包まれているのは未使用の証明になるので、そのままの状態にしておきましょう。

 

10年以内に買った着物

着物にもトレンドや流行があるので、新しい物の方が価値がつきやすいです。ただし、10年以上経っていても有名作家のものであれば高額買取してもらえるのでケースバイケースです。どれが価値があるかは素人では判断が難しいので、買取業者のスタッフさんにお任せすれば大丈夫です。

 

有名な着物作家が手がけた着物

着物作家が手がけた着物というのは、今でいうブランド物のような価値がある着物のことです。稲垣稔次郎 (いながきとしじろう)・上野為二(えうのためじ)・小川規三郎 (おがわきさぶろう)・鎌倉芳太郎 (かまくらよしたろう)・喜多川平朗 (きたがわへいろう)・北村武資 (きたむらたけし)・木村雨山 (きむらうざん)・古賀フミ (こがふみ)・和田光政(わだみつまさ)・松井青々(まついせいせい)など、まだまだ他にも有名な着物作家は沢山いるので、もしかしたらあなたの家にも、お宝の着物が眠っているかもしれません!

 

有名産地の着物

有名産地の着物は希少価値が高いので高価買取をしてもらえる可能性大です。全国の着物の主要産地は全国各地にありネットでも調べられるので、ぜひ一度持っている着物と照らし合わせてみることをおすすめします。それから、産地はどこに書いてあるのかというと反物の証紙についています。それを無くしてしまうと価値が下がってしまうので注意しましょう。

 

古典柄の訪問着

訪問着は、婚姻状態に関係なく着れるので人気が高いです。デザインは古典柄だと尚良しです。最近は洋服と同様、着物もレトロブームなので高価買取が期待できます。ニーズがあるものが高く売れるということですね。

 

着物に色あせ・シミ・虫食いがあると買い取ってもらえないの?

遺品 着物 買取

着物はしまっておくだけでも自然と劣化が進みます。中でも、着物の色あせやシミ、虫食いなどは目立つので、こういったものがあると売れないのかなと思いますよね。

 

確かに、こういったものがあると着物の価値が下がってしまいます。しかしそれでも使い道はあるので、買取をしてもらえるお店もあります。例えば、その着物が高価な物で「多少の汚れがあっても買いたい」というニーズがあるような着物であれば、買取をしてもらえる可能性があります。

 

また、最近は着物をハギレで購入して洋服や小物を作るという人もいます。そういった目的に使うために買取してもらえるかもしれませんので、他のお店で査定してもらって過去に断られたことがあっても諦めずに、別の買取業者で査定して比較してみるといいですよ。

 

悪質な買取業社に注意!こんな被害も

 

最近は、リサイクル市場も活発で不用品の買取業社が多数存在しています。そんな中で、悪質な買取業社が存在しているのも事実。

 

その手口は、事前に亡くなった人がいる家庭をお悔やみ欄で調べておき、それから遺品整理の時期を狙ってお宅を訪問。不用品の回収無料と聞いていたのに、作業費用を請求されてしまうというケースや、服や靴などの処分をお願いしたのに勝手に家に上がりこんで、貴金属・骨董品・毛皮・着物など価値があるものだけを格安な価格で持って行ってしまったというケースも多いと聞きます。

 

こういった詐欺に合わないように、遺品整理はご自身でしっかりと吟味したところに申し込む方が安全です。電話や訪問など急にやってきた申し出には何か裏があると思って、疑った方がいいかと思います。

 

対策としてはどこからか分からない電話には対応しない、怪しい業者を家に上げないというのが大事です。高齢者だけで過ごす時間が多い家は特にご注意ください。

着物を売っていいのか迷ってしまったらこの方法がベスト

遺品 着物 買取

故人が身につけていたものや、思い出の詰まっているものを売ってしまっても本当にいいのだろうか…と思ったら、写真を撮っておくのがおすすめです。

 

写真に残してデータ化しておけば、思い出は色褪せることがありません。特に気に入っている柄のものを厳選して手元に残しておくというのもいいですね。全部そのままの形で手元に残しておかなくても、記憶として取っておけばいいんです。着物を売ったお金でご家族で食事に行く、旅行に行くなど思い出を作ってもいいかもしれませんね。(*^-^*)

 

どのような形であれ、今を生きている人たちの生活に必要なものとして着物が役立てば、亡くなられたご家族も「着物を残しておいて良かったな…」と思うのではないかと思います。

 

まとめ

故人が残した着物の処分に迷ったら、きちんと価値の分かる専門の買取業者に頼ってみることをおすすめします。

 

これまでリサイクルショップなどに持って行った人は分かると思いますが、二束三文で手放すことになっては惜しいですよね。そうとはいえ、そのまま家に置いておいても劣化が進む一方です。着物は着る機会がある人とそうでない人がいますので、必要な人の手に渡る方がいいですよね。着物を売ったお金で、ご家族が今の時間を大切に過ごされるというのが一番だと思いませんか?

 

今回ご紹介した買取専門店でまずは無料で査定を申し込んでみてはいかがでしょうか(*^-^*)